おうちコープとは?メリット・デメリット・パルシステムとの違いを解説!

生協・コープ

「おうちコープって便利なの?」「値段は高くない?」といった疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、おうちコープの仕組みやメリット・デメリットなどを分かりやすく解説していきます。

1.おうちコープとは?

ユーコープが運営している食材や生活用品の宅配サービスです。

野菜やお肉などの食材、トイレットペーパーなどの生活用品を合計で約2800品目取り扱っています。

おうちコープは神奈川・山梨・静岡でのみ利用が可能で、公式サイトの情報によると47万世帯の方が利用しています。

商品注文からお支払いの流れはとてもシンプルです。

  1. カタログが届く
  2. 注文する(スマホでもカタログでもOK)
  3. 注文の翌週に商品が届く
  4. お届けの翌週に、料金を口座から引き落とし

おうちコープのメリット

  • スーパーに買い物に行かなくていいので楽ちん。
  • 食材から日用品まで豊富にそろっている。
  • 自宅でゆっくり買うものを選べる。
  • お米などの重いものも玄関先まで届けてもらえる。
  • おうちコープオリジナル商品に炒めるだけ・湯せんするだけで完成する時短キットがある。忙しい人も安心
  • 留守のときには専用のボックスに入れてもらえる。
  • 飲み物の紙パックをリサイクルとして回収してもらえる。

おうちコープのデメリット

  • 届くのが1週間後になる。
  • 商品によってはスーパーより割高なものもある
  • 宅配サービス料がかかる。(利用しない週でも支払う定額制)
  • 加入時に出資金が必要(500円ほど)
  • 留守のときに届く専用のボックスの回収が翌週になる。

どういう人におすすめ?

メリットとデメリットをふまえると、次の方におうちコープはおすすめです。

  • 自宅でゆっくりと買い物をしたい方
  • 買い物に行く時間がない方
  • お米などの重いものを運びたくない方
  • コープオリジナルの時短キットを注文したい方

2.おうちコープは高い?安い?

口コミをいくつか紹介します。

安いという口コミも高いという口コミもあります。

このように商品の種類地域によって高いか安いかは異なっているので、おうちコープはスーパーより高い・安いと一概には言えません。

資料請求すると、カタログのサンプルをもらえるので、実際にカタログを見ながら値段を比較してみるのがおすすめです。

資料請求はこちら

3.おうちコープとパルシステムとの違い

「おうちコープ」と「パルシステム」は、どちらも消費生活協同組合の1つです。

消費生活協同組合(生協、コープ)は非営利の協同組織で、消費者が支えあい、よりよいくらしを実現することを目的としています。 生協は日本全国に多数存在しますが、それぞれ考え方や方向性が異なります。

引用元:パルシステム生活共同組合会 | パルシステムは生協です(https://www.pal.or.jp/about/introduce.html)

「おうちコープ」と「パルシステム」の大きな違いは、利用できる県が異なっていることです。

おうちコープ パルシステム
神奈川・静岡・山梨

東京・神奈川・千葉・
埼玉・茨城・栃木・
山梨・群馬・福島・静岡・新潟

宅配サービス料を比べる

「おうちコープ」も「パルシステム」どちらも、利用しない週も宅配サービス料がかかる定額制です。

おうちコープの方が、小さい金額で割引が適用されて安くなります。

※2021年4月調べ

おうちコープ

  • 一回の利用金額が1,500円未満 ⇒ 165円(税込)
  • 一回の利用金額が1,500円以上 ⇒ 110円(税込)
  • 一回の利用料金が14,000円以上 ⇒ 0円

こちらの一回の利用料金は本体価格で示しています。

パルシステム

【神奈川】

  • 一回の利用料金が5,000円未満 ⇒ 220円(税込)
  • 一回の利用料金が5,000円以上 ⇒ 110円(税込)
  • 一回の利用料金が15,000円以上 ⇒ 0円

こちらの一回の利用料金は税込で示しています。

【静岡】

  • 一回の利用料金が8,000円未満 ⇒ 220円(税込)
  • 一回の利用料金が8,000円以上 ⇒ 0円

こちらの一回の利用料金は税込で示しています。

【山梨】

  • 一回の利用料金が5,000円未満 ⇒ 198円(税込)
  • 一回の利用料金が5,000~9,999円 ⇒ 110円(税込)
  • 一回の利用料金が10,000円以上 ⇒ 0円

こちらの一回の利用料金は税込で示しています。

口コミで比べる

パルシステムよりおうちコープの方が比較的安い

カタログを比較してみると分かりますが、「パルシステム」よりも「おうちコープ」の方が安い傾向にあります。

ただ、パルシステムの値段には理由があります。それは産地直送や農薬・化学肥料を抑えるなどの独自のこだわりをもっていることです。

公式サイトからパルシステムのこだわりの1つを紹介します。

産直4原則

1.生産者・産地が明らかであること

2.生産方法や出荷基準が明らかで生産の履歴がわかること

3.環境保全型・資源循環型農業を目指していること

4.生産者と組合員相互の交流ができること

以上の4つからなる「産地協定」を結んだ産地を「産直産地」と呼んでいます。

引用元:生協の宅配パルシステム | パルシステムの産直(https://www.pal-system.co.jp/sanchoku/?via=item-top)

このほかにもパルシステムは独自のこだわりをもっているので、健康志向の強い方産地にこだわりがある方などはパルシステムがおすすめです。

一方で、「あまりこだわりはないよ〜」という方は比較的安いおうちコープがおすすめです。

「どっちにしようか迷う…」という方は、「おうちコープ」と「パルシステム」どちらも資料請求して、実際にカタログを見てみてくださいね。

パルシステムの資料請求はこちら

パルシステム

この記事のまとめ

  • おうちコープは、ユーコープが運営している食材や生活用品の宅配サービス。
  • 神奈川・山梨・静岡で利用することができます。
  • 自宅でゆっくりと買い物をしたい方、重い荷物を運びたくない方、買い物に行く時間のない方などにおすすめです。
  • パルシステムは産直など独自のこだわりをもっているため、おうちコープよりも高い傾向ですが、健康志向の強い方や産地にこだわりがある方などはパルシステムがおすすめです。